ブックタイトルダウ・ケミカル製品要覧

ページ
90/120

このページは ダウ・ケミカル製品要覧 の電子ブックに掲載されている90ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ダウ・ケミカル製品要覧

クリンチャーバスME液剤?漏水田(減水深2cm/日以上)では薬害が発生する恐れがあるので、使用しないでください。?本剤は生育期に入った雑草に効果がありますが、雑草特に多年生雑草は生育段階によって効果にふれが出るので、必ず適期に散布してください。・ホタルイ、ウリカワ、ミズガヤツリ、ヘラオモダカでは、発生盛期から増殖中期まで・オモダカでは、発生盛期(草丈5~15cm)まで・セリでは、増殖初期~盛期まで・クログワイでは、発生盛期(草丈10~20cm)まで・コウキヤガラでは、発生盛期まで・シズイでは、草丈5cm程度まで・本田内に再生するキシュウスズメノヒエ防除では、再生茎3?6葉まで・畦畔より侵入するキシュウスズメノヒエでは、畦畔からのほふく茎1m以内の株全体に?オモダカ、クログワイ防除はオモダカ、クログワイに有効な前処理剤との組み合わせで使用してください。?薬害の恐れがあるので、重複散布を避けてください。?軟弱稲では薬害(接触害)の恐れがあるので使用は避けてください。?高温など薬害を生じやすい条件での使用は多めの希釈水量を用い、低濃度液をなるべく水稲にかからないように散布してください。?薬害を生じる恐れがあるので、周辺作物にかからないよう十分注意してください。?乾田直播水稲に使用する場合、以下の点に特に注意してください。・重複散布を避けてください。・軟弱徒長苗での使用は避けてください。・高温期または高温が予想されるときは使用を避けてください。?乾燥が続いた条件では除草効果が低下する場合があるので注意してください。特に、乾田直播水稲に使用する場合は注意してください。?使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意するほか、別途提供されている技術情報も参考にして使用してください。特に初めて使用する場合や、異常気象時は、病害虫防除所など関係機関の指導を受けてください。?使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水は河川などに流さないでください。また、空容器は環境に影響を与えないよう適切に処理してください。安全使用上の注意?誤飲などのないよう注意してください。?本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。使用後は洗眼してください。?かぶれやすい人は、取扱いに注意してください。水産動植物…水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。・散布後は河川、養殖池などに流入しないよう水管理に注意してください。保管…直射日光を避け、なるべく低温な場所に密栓して保管してください。90