ブックタイトルダウ・ケミカル製品要覧

ページ
77/120

このページは ダウ・ケミカル製品要覧 の電子ブックに掲載されている77ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ダウ・ケミカル製品要覧

ビームプリンス粒剤適用病害虫及び使用方法作物名適用病害虫名使用量使用時期本剤及びフィプロニル・トリシクラゾールを含む農薬の総使用回数使用方法いもち病イネミズゾウムシイネドロオイムシウンカ類稲コブノメイガ(箱育苗)ニカメイチュウイネツトムシイナゴ類イネアザミウマ育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5l)1箱当り50g移植3日前~移植当日本剤:1回フィプロニル:1回トリシクラゾール:4回以内(育苗箱への処理は1回以内、本田では3回以内)育苗箱の苗の上から均一に散布する。上手な使い方?箱当たり50gを均一に育苗箱の上から均一に散布し、葉に付着した薬剤を払い落とし、軽く散水したのち田植機にかけて移植してください。?本剤を使用した圃場の水田水は、絶対に水産動物の養殖には使用せず、養魚田、養殖池などには水田水が流出しないようにしてください。特にエビ類の養殖の場合には十分注意してください。?ツマグロヨコバイに対しては効果が劣るので、萎縮病・黄萎病の罹病率が高ビームプリンス粒剤1ケースには、組立式計量函4個が同梱されていますい地区では十分注意してください。使用上の注意?使用量に合わせ秤量し、使い切ってください。?育苗箱の上から均一に散布し、葉に付着した薬剤を払い落とし、軽く散水して田植機にかけて移植してください。?本剤の処理により、葉の黄化や葉先枯れなどの薬害を生ずる場合があるので、所定の使用量、使用時期、使用方法を厳守してください。?軟弱徒長苗、むれ苗、移植適期を過ぎた苗などには薬害を生ずる恐れがあるので、使用を避けてください。?稲苗の葉が濡れていると薬害を生じやすいので、散布直前の灌水はしないでください。?移植後、低温が続き苗の活着遅延が予想される場合、あるいは移植後極端な高温(30℃以上)が続くと予想される場合は、薬害を生ずる恐れがあるので使用を避けてください。77