ブックタイトルダウ・ケミカル製品要覧

ページ
52/120

このページは ダウ・ケミカル製品要覧 の電子ブックに掲載されている52ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ダウ・ケミカル製品要覧

ジマンダイセンフロアブル適用病害虫及び使用方法作物名適用病害虫名希釈倍数(倍)10アール当り使用液量使用時期本剤及びマンゼブを含む農薬の総使用回数べと病800~1000ぶどう(露地栽培)黒とう病収穫60日前まで800晩腐病250l2回以内べと病800~1000ぶどう開花前まで(施設栽培)黒とう病800晩腐病きゅうり褐斑病べと病500~800収穫前日まで3回以内メロンべと病収穫7日前まで5回以内葉かび病800150~300lトマト収穫前日まで2回以内疫病800~1000きく白さび病500~800―8回以内使用方法散布上手な使い方?浸透移行性がない保護殺菌剤で残効性をもっているので、基幹防除剤として、予防的に体系の中に組み入れることが効果的です。使用上の注意?使用の際は容器をよく振って均一な状態にしてから所定量を取り出してください。?石灰硫黄合剤、ボルドー液などのアルカリ性薬剤、チオジカルブ剤(ラービンなど)との混用は避けてください。?極端な高温多湿条件下では、軟弱幼苗に薬害のでる恐れがあるので注意してください。?トマトの葉かび病、きくの白さび病に対して使用する場合、発病後では効果がやや低いので発病初期から時期を逃さず散布してください。?蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。?使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水などは河川などに流さないでください。また、空容器は環境に影響を与えないよう適切に処理してください。安全使用上の注意?散布の際は農薬用マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用してください。作業後は直ちに身体を洗い流し、うがいをするとともに衣服を交換してください。?作業時に着用していた衣服などは他のものとは分けて洗濯してください。?かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した作物などとの接触を避けてください。?夏期高温時の使用を避けてください。保管…直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密栓して保管してください。52