ブックタイトルダウ・ケミカル製品要覧

ページ
37/120

このページは ダウ・ケミカル製品要覧 の電子ブックに掲載されている37ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ダウ・ケミカル製品要覧

アスパイア水和剤適用病害虫及び使用方法作物名適用病害虫名希釈倍数(倍)10アール当り使用液量使用時期本剤及びフェンブコナゾール、マンゼブを含む農薬の総使用回数使用方法りんごなしモニリア病、黒星病黒点病、赤星病褐斑病、斑点落葉病うどんこ病500黒星病褐色斑点病200~700l収穫30日前まで3回以内本剤:3回以内フェンブコナゾール:3回以内マンゼブ:5回以内本剤:2回以内フェンブコナゾール:3回以内マンゼブ:2回以内散布ぶどう黒とう病1000収穫45日前まで上手な使い方?所定の濃度に水でうすめ、よくかきまぜて散布してください。?予防効果と治療効果を併せもっている薬剤です。?りんごに使用する場合、落花直後に使用するともっとも効果的です。使用上の注意?石灰硫黄合剤、ボルドー液などのアルカリ性薬剤、チオジカルブ剤(ラービンなど)との混用は避けてください。?ボルドー液との7日以内の近接散布は、薬害を生ずる恐れがあるので避けてください。?散布量は、対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ調節してください。?蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。?本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所など関係機関の指導を受けてください。?使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。散布器具の洗浄水等は河川等に流さないでください。また、空容器などは環境に影響を与えないよう適切に処理してください。37