ブックタイトルダウ・ケミカル製品要覧

ページ
114/120

このページは ダウ・ケミカル製品要覧 の電子ブックに掲載されている114ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ダウ・ケミカル製品要覧

三洋NCS使用上の注意?他剤との混用は避けてください。なお、クロルピクリンが僅かでも混入すると化学反応により発熱し危険ですので、消毒に用いる器具は良く洗浄してから使用してください。?注入による土壌消毒を行う場合は次のことを守ってください。・本剤の処理は地温15℃以上で行ってください。・降雨直後や水分過多の土壌では効果が劣るので使用を避けてください。・粘土質土壌や大きな土塊が残っている場合は効果が劣ることがあるので、土壌を細かく砕いてから処理してください。・薬液を注入したらポリエチレンフィルム、むしろなどで7?10日間被覆してください。・消毒が終了したら被覆をとり除き耕起し、7?10日間放置してガス抜きを行ってから播種又は定植をしてください。・地温の低い時期に使用する場合は被覆期間及びガス抜き期間を長くしてください。?灌水チューブ法を用いて土壌消毒を行なう場合は次のことを守ってください。・薬剤を均等に処理するために水圧、灌水チューブの種類及び長さなどを選択してください。・本剤の希釈液が灌水チューブのつなぎ目などから漏れないように水圧、接続などを注意してください。・処理期間中のハウスなどは閉めておくことが望ましいですが、精密器具などがある場合は天窓などを開け故障しないよう注意してください。?ねぎ、たまねぎに対する散布表面処理の場合は次のことを守ってください。・地温の低い時は、くん蒸期間やガス抜き期間を長くしてください。・本剤を容器からジョウロに移す時、薬液の跳ねなどに注意してください。?たばこに対する散布全面処理の場合は次のことを守ってください。・処理に際し、大きな土塊が残っていると効果が劣ることがあるので、土壌を細かく砕いてから処理してください。・処理は、トラクター耕耘時にロータリーの直前に散布し、直ちに耕耘し土壌混和してください。・処理後30日以上の期間を空けてから播種又は定植してください。?芝の目土用土消毒の場合は、ビニールなどを敷いてその上に用土を約30cmの高さに積みジョウロなどで薬液を灌注してください。必要な場合は、その上にさらに30cmの用土を積み同様の処理をくり返してください。処理後直ちに用土全体をビニールなどで被覆し、7?10日間おいてください。その後被覆をとり耕起してガス抜きを行い、7?10日以上おいてから用土として使用してください。?本剤の芝に対する使用は、目土中に含まれる雑草の種子や塊茎を殺すものであるので、誤って芝生の除草剤として直接散布することのない様に注意してください。?果樹類、茶、桑に使用する場合は、被害株を抜き取った跡地に本剤を注入してください。本剤処理7?10日後に被覆を除去して耕起し、翌春に植え付けをしてください。?散布機などのノズルに目詰まりをおこす場合があるので、開栓後は速やかに使い切ってください。?本剤使用後の器具は十分水洗いしてください。?使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水などは河川等に流さないでください。また、空容器は環境に影響を与えないよう適切に処理してください。114