ブックタイトルダウ・ケミカル製品要覧

ページ
107/120

このページは ダウ・ケミカル製品要覧 の電子ブックに掲載されている107ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ダウ・ケミカル製品要覧

旭D-D作物名適用病害虫名10アール当り使用量使用時期本剤及びD-Dを含む農薬の使用方法総使用回数全面処理耕起整地後、縦横30cm間隔の碁盤の目に切り千鳥状に深さ15~20cmに所定量の薬液を注入し直ちに覆土鎮圧する。ばれいしょジャガイモシロシストセンチュウ40l(1穴当り4ml)だいずえだまめダイズシストセンチュウネコブセンチュウネグサレセンチュウ20l(1穴当り2ml)15~20l(1穴当り1.5~2ml)作付の10~15日前まで1)全面処理耕起整地後、縦横30cm間隔の碁盤の目に切り千鳥状に深さ15~20cmに所定量の薬液を注入し直ちに覆土鎮圧する。2)作条処理播種又は植付前にあらかじめ予定された溝に30cm間隔に所定量の薬液を注入し直ちに覆土鎮圧する。茶たばこネコブセンチュウネコブセンチュウネグサレセンチュウ20l(1穴当り2ml)4~6l(1穴当り1.3~2ml)作付の30日前まで作付の30~45日前まで1回全面処理耕起整地後、縦横30cm間隔の碁盤の目に切り千鳥状に深さ15~20cmに所定量の薬液を注入し、直ちに覆土鎮圧する。1)全面処理耕起整地後、30cm×30cm間隔で地表面から深さ15cmに所定量の薬液を注入し、直ちに注入口をふさぎ、鎮圧する。2)畦内処理植付前、畦立・畦面被覆後に、植付予定位置の深さ15~20cmに所定量の薬液を注入し、直ちに覆土鎮圧する。但し、ガス抜きは行わないこと。すぎ(播種床)すぎ(床替床)ひのき(播種床)ひのき(床替床)樹木類イシュクセンチュウネコブセンチュウネグサレセンチュウコガネムシ類幼虫ネコブセンチュウネグサレセンチュウコガネムシ類幼虫15~20l(1穴当り1.5~2ml)作付の10~15日前まで植付の10~15日前まで1)全面処理耕起整地後、縦横30cm間隔の碁盤の目に切り千鳥状に深さ15~20cmに所定量の薬液を注入し直ちに覆土鎮圧する。2)作条処理播種又は植付前にあらかじめ予定された溝に30cm間隔に所定量の薬液を注入し、直ちに覆土鎮圧する。青文字の作物名はグループ化されていますので詳細は(独)農林水産消費安全技術センターのウェブサイトをご参照ください107